医療と介護&家族介護と介護負担の重要性!

投稿者: | 2017年9月13日

認知症の介護状況とは、患者さんと介 護者が相互に反応しあう過程です。それ を踏まえて、どのようにして患者さんと 家族に平穏な生活をもたらすかが、認知 症医療の大切な課題といえます。

それだけに認知症患者の医療・介護に 関与する医療者には、ここを原点ととら える観点が望まれます。

家庭介護を円滑にするためには、介護保険制度による様々なサービスを上手に 活用することがポイントになります。こ うした行政によるサービスとは別に、主に研究レベルではありますが、心理療法 的な介入も行われてきました。たとえば グループセラピー、行動療法的アプロー チ、心理教育的な手法などが知られてい ます。

介護者の求めるサービスについても知 見かあります。ディケアやショートステイなど介護者の休養につながるサービス がとくに希望され、実際に利用率も高い 状況にあります。またへルパーが家庭に 出向いて行う介護も喜ばれています。

患者と家庭介護者の生活のために、行政サービスを上手に活用しよう!

家庭介護者は:♦ディケア、ショートステイを利用するい

♦認知症の知識や介護技術を習得する

♦身体的負担の大きい介護は協力を求める

♦経済支援サービスを利用する

♦自分の心のケアにも注意する

患者さんと家族の平穏な生活もために

 

1

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です